ガイド屋さん MIYAKO-JIMA

メニュー
ご予約
お問い合わせ

お役立ち情報

ダイビングでのメイクやネイル、髪型について

ダイビング中もキレイでいたい。女子力キープメイク術

宮古島で初めてのダイビングツアーにご参加される女性の方は、ダイビング当日のメイクや髪型、ネイルなどに迷うのではないでしょうか。せっかくの宮古島でのダイビング、海の中でもオシャレでいたいし、ビーチやボート、ダイビング中の記念写真もキレイに写りたいですよね。そこでダイビングでも女子力をキープして、可愛くキレイにダイビングを楽しむためのコツをまとめましたので参考にしてみてください。

ダイビングとメイク

海に入るとどうしてもメイクなどは落ちてしまいます。海に溶け出した化粧品が環境汚染などにもつながってしまいます。そのような意味もあり、ダイビングの時はウォータープルーフの日焼け止めと、UVリップクリームだけのノーメイクが基本です。しかしそうはいってもノーメイクに抵抗のある方も多いのではないでしょうか。そこで、ノーメイクでも宮古島の海で可愛くキレイにダイビングを楽しむためのコツをまとめました。

まつ毛エクステはダイビング女子の強い味方

まつ毛にほんの少し手間をかけるだけでダイビング中ノーメイクでも女子力をある程度キープすることができます。
ダイビングでのまつ毛メイクでおすすめなのが、まつ毛エクステです。ノーメイクでも、まつ毛エクステをしているだけで劇的に目元がはっきりして華やかな顔になれます。
ダイビング中、ビーチやボート、水中でノーメイクでもある程度女子力をキープできるまつ毛エクステは、ダイビング女子の強い味方なのです。
まつ毛エクステをしてダイビングに参加する際の注意点としては、長さを11mmまでにすることです。それ以上長いとダイビングマスクのガラス面に当たって、視界を遮ってしまいます。

つけまつ毛はダイビングではNG

まつ毛エクステと並んでまつ毛メイクの代表的なものに、つけまつ毛があります。つけまつ毛は水に濡れるとすぐに端からとれてしまうなどの短所があるので、ダイビングではあまりお勧めできません。海から上がった後、顔を洗ったりタオルで拭けないなどダイビングに不向きな点がいくつかあります。

マスカラアイライナーは要注意

マスカラアイライナーには注意が必要です。ダイビング中はすくなからず顔に水がかります。もし顔に水がかかった時に、目に入るかもしれないメイクは避けましょう。ウォータープルーフのアイブロウはOKです。ノーメイクでもしっかり眉が描けるので安心ですね。

ダイビングとネイル

ジェルネイルでオシャレに爪を補強

ダイビング中海の中に長い時間いると爪が柔らかくなるので、特に爪が弱い方や爪が伸びている方は、爪が割れたり傷つきやすくなってしまいます。爪の割れやケガを防ぐために、あらかじめジェルネイルを塗って爪を補強しておくとよいでしょう。爪の補強という意味でダイビングの時のジェルネイルはお勧めです。
ジェルネイルにはジェルネイルとバイオジェルネイルの2種類があります。ジェルネイルは基本的に紫外線に弱く長時間紫外線に当たると黄ばんでしまいます。サロンでネイルをやるのなら、紫外線による変色が少なく爪にやさしいバイオジェルネイルがお勧めです。

スカルプ、長い爪は避けましょう

スカルプで爪の長さを出したり、長い爪はダイビングにはお勧めできません。ウエットスーツを脱ぎ着する時やダイビング器材を装着するときに引っかかって割れたり剥がれたりする可能性があります。

グローブをはめるとさらに安心

当店ではダイビング中に必ずグローブを着用します。ネイルの破損落下の防止だけでなくケガを防ぐ意味でダイビング中はグローブをはめておくとよいでしょう。ただしグローブをはめているからといって、海中の何にでも触れていいわけではありません。海底生物にやさしく、安全にダイビングを楽しみましょう。

ダイビングの時の髪型

ダイビング当日の髪型はどんなヘアスタイルがいいのか。当日の朝悩む女性も多いのではないでしょうか。
ロングヘアは海の中では海藻のようにユラユラと漂ってしまいます。ですので、ロングヘアの方はまとめ髪がおすすめです。
髪のまとめ方やまとめる位置は、、ポニーテールの方はできるだけ低い位置にまとめて、マスクのストラップをその上にセットしましょう。おだんごの方はなるべく高い位置にセットしてマスクのストラップの邪魔にならないようにしましょう。髪を束ねるゴムは、太目で根元からきっちりと縛れるものを選びましょう。
前髪の長い方は、マスクを顔に装着するときにマスクと顔の間に髪を挟みこんでしまいやすいので、あらかじめピンなどでとめておきましょう。

海でもキレイをあきらめないために

ダイビング当日は、ウォータープルーフの日焼け止めとUVタイプのリップクリームだけのノーメイクが基本です。ノーメイクに抵抗のある方は、ダイビング当日までにまつ毛エクステをしておいて、当日の朝アイブロウで眉を描きダイビングツアーに参加しましょう。そして海から上がった後に、メイクをして観光へ出かけるのがお勧めです。
ダイビング前に完璧にメイクをしていても海に入ると残念ながらほとんど落ちてしまいます。鼻や頬の周りのファンデーションはかなり落ち、マスカラアイライナーは垂れて目元はパンダのように黒ずんでしまいます。それがダイビング中、目に入ってしまうと大変です。
海に溶け出した化粧品は海中環境へも悪影響を及ぼします。サンゴの白化現象の原因の一つと考えられてもいます。完璧なメイクにこだわるよりも、ウォータープルーフの日焼け止めとUVタイプのリップクリームだけのノーメイクが基本で、まつ毛エクステやアイブロウをプラスアルファで施すことがお勧めです。
女性ダイバーと海のキレイをあきらめないためのご提案でした。

ご質問、ご相談など、
いつでもお気軽にお問い合わせください

  • 0980-75-5880
  • 営業時間:8:00〜20:00
  • ご予約・相談可能

必ずご確認ください ご利用規約

住所
〒906-0012
沖縄県宮古島市平良字西里356-2F 
ダイビングショップ「ガイド屋さん」
お問い合わせ
☎ 0980-75-5880(営業時間:8:00〜20:00)
ご予約・お問い合わせ