宮古島のダイビングショップ ガイド屋さん

メニュー
ご予約
booking

お役立ち情報

宮古島の人気ダイビングポイント【ダイバー必見!】

こんにちは。
宮古島のダイビングショップ「ガイド屋さん」です。

宮古島のダイビングポイントは、伊良部島・下地島エリア、八重干瀬エリア、宮古島エリアの4つに分かれています。
ダイビングポイントが広範囲に点在しているので、年間を通じてどこかしらのダイビングポイントで潜ることができるのが宮古島ダイビングの強みです。

4つのダイビングエリア中でもケーブ、ホール、アーチなどの人気ダイビングポイントが圧倒的集中しているのは伊良部島・下地島エリアです。伊良部・下地エリアでお客様からよくリクエスト頂く宮古島の人気ダイビングポイントについてご紹介したいと思います。

伊良部島・下地島周辺の人気ダイビングポイント

宮古島にダイビングで訪れるダイバーの8割が潜る人気ダイビングエリアです。
海底の地形が複雑で変化に富み、アーチ、ケーブ、クレパス、ホールなどダイナミックで幻想的な水中景観が楽しめるのが特徴です!

南よりの風が吹く5月から9月までの春から夏場は伊良部島のダイビングポイント
北よりの風が吹く10月から4月までの秋から冬場は下地島のダイビングポイントを潜ります。
宮古島のダイビングショップは、季節によって伊良部島と下地島のダイビングポイントを使い分けています。

自分のリクエストのダイビングポイントがどちらの島側にあるかをチェックして、宮古島ダイビング旅行の時期を決めるとリクエストポイントに行ける確率がぐんと上がるのです!

下地島エリアのダイビングポイント

宮古島のダイビング3大ポイントが揃う宮古島で最も人気のダイビングエリアの下地島エリアです!
地形ダイバーの聖地として崇められる宮古島。
その中でも、特に人気なのが世界トップクラスの地形ダイビングスポットが揃う下地島エリアです。

魔王の宮殿

魔王の宮殿

ダイビングポイント概要&見所

宮古島で不動の人気ナンバーワンダイビングポイントの魔王の宮殿!
宮古島のダイビングポイントのなかで一番リクエストを頂く魔王の宮殿です。
魔王の宮殿の魅力は何と言っても、洞窟内に降り注ぐ光と地形の織り成す芸術的でエクセレントな水中景観!

光の降り注ぐ場所によって太陽光の強弱があり、強烈な柱のような光柱から木漏れ日のような微弱な光まで様々な光と影が楽しめます。
ダイビングの大半を洞窟内で過ごす、まさにワクワクドキドキ感が半端ではない洞窟地形ダイビングが味わえるポイントです!

水深18メートルにぽっかり空いた穴をくぐって水中宮殿に潜入します。
洞窟内に入ると、まず魔王の宮殿エントランスが広がっています。
エントランスの天井部には数か所穴が開いていて、そこから木漏れ日のような優しい青い光がエントランスを包みます。
エントランスの先は真っ暗な暗闇を15m程ライト片手に進みます。

暗闇の先には、魔王の宮殿メインの空間が広がっています。
宮殿メインでは、天井部の穴から降り注ぐ太陽光とそこに舞うハタンポの風景を楽しむことが出来ます。
真夏の正午過ぎには、極太い柱のような光柱がメインのエリアに降り注ぎます。その光景は圧巻!
太陽、風、波、の3要素が合致した時の魔王の宮殿は、他の追随を許さない魅力を秘めたダイビングポイントです!

宮殿メインのさらに奥に、魔王の宮殿玉座の間と呼ばれる空間が広がっています。
玉座の間天井の開口部から木漏れ日のような優しい光が入っています。
その神秘的な光景は、まさに玉座の間と呼ばれるにふさわしい雰囲気をかもし出しています。

ダイビングの7割の時間を洞窟内で過ごすまさに地形ダイビングの真骨頂である魔王の宮殿。
宮古島行くのなら是非潜ってみたい人気ポイントですね!

魔王の宮殿に潜るチャンスが増える9月半ばから5月半ばの期間でも、北風が強く北からうねりが入ると魔王の宮殿に行くことは出来ません。
逆に南風が吹く夏の時期もダイビングボートを回航させることができません。
風、波、太陽などの諸条件が揃った時に、潜ることが出来るダイビングポイントです。
なかなか潜れないからこそ、潜れた時の感動もひとしおで、心に残る1ダイブとなるのです!


通り池

ダイビングポイント概要&見所

宮古島が世界に誇る地形ダイビングポイント、通り池です。
宮古島の3大ダイビングポイントの一つ。
宮古島で唯一国の名勝及び天然記念物に指定されていているダイビングポイントです。
水深40メートルからきりあがるドロップオフを進み池の入り口へと進むと、海と陸側の池を繋ぐ、横幅40mの巨大なアーチが現れます!
アーチの天井で水深約20メートル、真っ白な砂紋が波打つアーチの海底は水深40メートル。
アーチの天井沿いを奥へと進むと二つの池につながります。
見所は圧倒的なスケールの地形と、ダイビング中に変化する水の色!
水温や比重の異なる淡水と海水が交じり合った状態の通り池。
海側から池へと進むと、濃いブルーから緑、オレンジへと変化していく水のグラデーションが楽しめます。
海水温や光の入り方によってはイエローやグレーの色が見られる幻想的な世界に出会えることもあります!
特殊な水中環境のため生物層も面白い出会いがあります。
アーチの天井に空いた窪みにはクメジマオトヒメエビ、カブラヤテンジクダイ、ミナミハタなどの面白い生物が潜んでいます。
ポイントが切り立った岸壁沿いに位置していて波の影響を受けやすい場所にあるので、コンディションが良いときでないと潜れないポイントです。
豪快な地形と豊富な生物層が楽しめる通り池は宮古島でダイビングをするなら是非一度は潜りたいビックポイントです!


アントニオガウディ

宮古島のダイビングポイント、アントニオガウディ

ダイビングポイント概要&見所

その複雑な地形から、世界遺産サクラダファミリアを設計したスペインの建築家アントニオガウディの名がつけられたダイビングポイント。
まずネーミングのセンスが抜群ですね。
アーティスティックな水中地形が堪能できる宮古島の3大ダイビングポイントの1つです。

水深22メートルの棚(岩)に、不規則にいくつもの穴が空いていいます。
岩の内部は、巨大なジャングルジムのように複雑に絡み合っていて、3層に大別出来ます。

内部から外を振り返ると、地形と光が作り出す神秘的なブルーの光景が楽しめます!
見る角度によって、穴の形や光の筋が変化して見えるのも見応ありです。
ハートマークやハロウィンのカボチャの顔を思わせるブルーの穴に見える場所もありますよ!
穴の最深部から頭上を見上げると、最大で6つのブルーの穴が確認できます。
いくつブルーの穴が見えるか数えてみましょう。
複雑に絡み合った地形で、あなただけのブルーを探してみるのも楽しいですよ。

ボート下からメインの地形がある沖までは、中性浮力を保って中層を移動します。
中性浮力が必須のポイントです。
メインの場所が深いので、限られた時間で自然が造り出した感動的な水中地形を目に焼き付けましょう!

GTドロップ

ダイビングポイント概要&見所

宮古島で一番ロウニンアジ(GT)との遭遇率の高いポイントです!
水深45メートルから立ち上がった絶壁が続くダイナミックなドロップオフポイント。
見所は大物との遭遇、ダイナミックなドロップオフ沿いを泳ぐ浮遊感!
水深10mのドロップオフの棚上ではウミウシなどの小物もみられます。
ポイントの一角がロウニンアジのクリーニングステーションになっていて、近距離でロウニンアジを観察することができます。
一方深い場所では、ピグミー、アケボノハゼなども。
ただ流れが強い場合があるので注意が必要。
ドロップオフ沿いを泳ぐので中性浮力は必須スキルです。
流れが弱い時はドロップオフの離れ根に足を伸ばすことも。
離れ根のトップで水深25メートル、下は水深60メートルまで落ちていて、その周りをロウニンアジやグルクンの大群が群れいます。
壮大なドロップオフの波打つ地形と大物との出会いが醍醐味のダイビングポイントです!

宮古島のロウニンアジ


中ノ島チャネル

ダイビングポイント概要&見所

中ノ島湾の湾内にあるポイントで流れも無く水深も浅いので、初心者ダイバーでも安心して楽しめるポイントです。
浅い根の下にクレパス、アーチが続いていて、晴れて太陽が出ていれば岩の隙間から降り注ぐ太陽と地形のコントラストが楽しめます!
水深が浅いので地形に差し込む太陽光も強烈でまぶしいばかりの光が楽しめます。
岩と岩がくっつきあってできたアーチをくぐったり、クレパスの中を泳いだりと初心者ダイバーでもおもしろい迷路のような水中地形が楽しめます!
生物層も豊富で、棚の上ではスズメダイ、ゴロタではジョーフィッシュ、壁面にはウミウシなどの小物も楽しめます。


女王の部屋

宮古島ダイビングのホシゾラワラエビ
女王様が君臨する巨大なホール。
生物相も豊富でダイナミックな地形とマクロな生物両方楽しめるダイビングポイント!

ダイビングポイント概要&見所

メインホールの印象は、アントニオガウディと、中の島ホールを足して2で割ったような雰囲気。
ホール内最奥部は35mオーバー。
水深が深いので、残圧と無限圧潜水時間に注意が必要です。
ホールには5つの開口部がり、柔らかい光が洞窟内を幻想的に照らします。
ホールの海底は砂地で、ニチリンダテハゼやオドリハゼなどが生息しています。
ニチリンダテハゼは限られたダイビングポイントでしか見ることが出来ないので、女王の部屋に潜った際はぜひご覧になってくださいね。
ホール中央のヤギ類にホシゾラワラエビが住み着いています。
ポイント名の由来、女王様とはこのホシゾラワラエビのこと。
星屑のようなきらびやかなスパンコールドレスを身にまとった女王様がホール内でダイバーを迎えます。
私の知る限り15年以上、同じ場所にいらっしゃる女王様。。
世代交代をしても同じ場所にいるので、よっぽと居心地がいいのでしょう。


クリスタルパーク

ダイビングポイント概要&見所

宮古島で数少ない砂地系ダイビングポイントです。
水深は10m。
パウダーサンドの真っ白な砂地に魚の隠れ家となる根(岩)が点在しています。
点在する根(岩)には、スカシテンジクダイやグルクンの稚魚、キンメモドキが盛りだくさん!
ストレスフリーでフィッシュウォッチングが楽しめる癒し系ダイビングポイントです。

透明度がよく晴れた日には、海底の砂地に太陽が反射して眩しいくらいに明るい。
真っ白な砂地でフィンを外して、裸足で遊んでみるのも面白いですよ!


伊良部島エリアのダイビングポイント

L字アーチ

ダイビングポイント概要&見所

水深20メートルにあるL字型の巨大なアーチとそこに登場するロウニンアジ、イソマグロなどの大物が見所です!水深20メートルの棚に地形が陥没したような巨大な竪穴があいていて、竪穴は横穴へとつながっていてそこに巨大なアーチが架かっています。アーチの下から上を見上げれば、巨大なアーチとムチヤギ、イソバナ、外洋のブルーのコントラストがとても綺麗です!アーチをくぐって外洋に出ると、ロウニンアジやイソマグロといった大物と遭遇することも。アーチの下で水深37メートルと深いので水深やエアーのチェックはこまめに。アーチの奥には浅瀬へとつながる真っ暗でとても狭くて長い横穴がつながっています『ワープホール』と呼ばれ穴の中はアカマツカサの大群や甲殻類などガの小物が見られます!

クロスホール

ダイビングポイント概要&見所

見所は伊良部島側で一番大きなホールです!水深25メートルの横穴から洞窟に入り、横穴の奥へ進むと洞窟の最上部に穴が開いていて、そこから太陽光が降り注ぎ光と影のブルーのコントラストを楽しむことが出来ます!夏の日差しが強いだとホールに降り注ぐ光も思わず見入ってしまうほどの美しさです。


ダブルアーチ

ダイビングポイント概要&見所

ハートの水中アーチ

下から見上げるとハートの形をした大小二つのアーチと、アーチとアーチの間にある洞窟が見所です!角度によって色々な形に変化するアーチの形とアーチの壁面にはウミウシ、ゴロタには小物も充実していて地形マクロともに面白いポイントです!水深も浅いので初心者の方でも安心して潜れるポイントです。


がけ下(ダイバー限定の青の洞窟)

ダイビングポイント概要&見所

水深8メートルの岩肌をえぐって出来たエアードームに一旦浮上して顔を出すことが出来きる宮古島ならではの地形ポイントです!エアードームの水面は、入り口からの太陽光に照らされて幻想的なブルーの光を放っています。エアドームの中でライトを上に向けると波の作用による洞窟内の空気の圧力変化で濃い霧が発生する珍しい現象が見られます。見所は青く輝くエアドームの水面と『ハナダイの根』と呼ばれるキンギョハナダイ、アカネハナゴイが乱舞する群れとマクロ生物です!

宮古島の青の洞窟


ツインホール(青の洞窟)

ダイビングポイント概要&見所

水深が浅いので体験ダイビングでも地形ダイビングが楽しめるポイントです。夏場はカタクチイワシの群れ、洞窟内にはハタンポとキンメモドキの群れが見られます。がシュノーケリングでも楽しめる。


宮古島のビーチダイビングポイント

宮古島の代表的なビーチダイビングポイントをご紹介します。

来間ビーチ

インギャーマリンガーデン

シギラビーチ

中ノ島ビーチ(カヤッファ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでガイド屋さんをフォローしよう!

選べる宮古島ダイビングプラン

  1. 宮古島ダイビングの人気スポット青の洞窟

    ボート体験ダイビング

    青の洞窟リクエスト可!人気の半日ツアー!

    15000円~
  2. 宮古島ボートファンダイビング

    ボートファンダイビング

    初心者OK!

    15000円~
  3. 子供と家族で楽しめるダイビング

    家族体験ダイビング

    家族だけのチームで子供も大人も一緒に楽しめる!

    12000円~

ご質問、ご相談など、
いつでもお気軽にお問い合わせください

  • 0980-75-5880
  • 営業時間:8:00?20:00
  • ご予約・相談可能

ご利用規約

住所
〒906-0012
沖縄県宮古島市平良字西里356?2F
 
ガイド屋さん
お問い合わせ
0980-75-5880
(営業時間:8:00?20:00)
ご予約・お問い合わせ