宮古島ダイビングショップGUIDE-YA-SAN

初めてのダイビングを楽しむコツ

ダイビングの楽しみ方

こちらのページでは初めてダイビングに挑戦する初心者の方が、スキューバダイビングを楽しむために注意すべき点をまとめてみました。初めてダイビングチャレンジされる方は、ダイビング前にこちらのページを読んで参考にして下さい。みなさまの初めてのダイビングが素晴らしい体験になることを願っています。

宮古島で楽しんだダイビング風景

ダイビング中の体勢が大切です!

ダイビングを楽しむためには、まず水中での体勢が大切です。ダイビング中は、背中にスキューバダイビング用の重いタンクを背負っていて、足にはつま先の長い足ひれを履いています。しかも水中は無重力ですので体が浮きやすいので、ダイビング中はバランスをとるのがとても難しいのです。ダイビング中は、お腹、手のひら足の甲が下になるようにうつ伏せつの状態をキープするよう心がけましょう。足は後ろに伸ばして、床で腕立て伏せをするような体勢をイメージして下さい。

バランスの取り方

ダイビング中に水底にうつ伏せの体勢になってバランスをキープするには、肺の中にある空気(息)をしっかりと全部吐くことがとても大切です。肺の中の息をしっかり吐くと体が下に沈みます。これは肺が浮き輪のような役割を果たしていて、息を吐くと浮き輪の空気が抜けた状態になり浮力がなくなって体が自然と下に沈むためです。逆に息を吸うと体が徐々に浮きます。ダイビング中に息をしっかりと全部吐くことは、水中でうつ伏せの状態でバランスをキープする面でも、水中で呼吸を整える面でもとても大切になります。『ダイビング中はしっかりと息を全部吐く』このことをよく覚えておいて下さい。ダイビング中うつ伏せの状態ががキープできたら、次は左右のバランスが大切です。背中に背負っているタンクを背中の中央にキープするようなイメージで左右のバランスをとってみください。ダイビング中、もし左右のどちらか一方に重心が傾いてバランスを崩しそうになったら、なるべく早めに両脇を締めて背中にタンクを反対側へ移動させるイメージでリカバリーしましょう。

ダイビング中は視線に注意しよう

ダイビングを楽しむためには、ダイビング中にどこを見るかも大切です。うつ伏せになることが大切だと説明しましたが、うつ伏せになることに集中しすぎて、ダイビング中ずっと下を向いている方がたまにいらっしゃいます。ダイビング中は下ばかり見ず周りを見渡したり上を見上げたりしてみてください。横を見れば自分のバディ(一緒に潜っているお友達)が見えます。周りを見渡せば色とりどりのいろんな魚が視界に入ってきます。上を見上げれば輝く太陽が見えます。このようにダイビング中の視線に注意すると、水中で色々な発見がありダイビングの楽しさが倍増します。ダイビングを楽しむコツは、息をしっかり吐いて、うつ伏せで左右のバランスをキープし、周りを見渡してフィッシュウォッチングを楽しむことです。

自分で泳いでみよう

水中世界を自分で自由に前に進むことができたらダイビングの楽しさが倍増します。自分で前に進むためには、まずは水底にうつ伏せになって両手を使って水底をハイハイする事から始めましょう。前に進むスピードは、ゆっくりで構いません。一つ一つの動作を確実にゆっくり前に進みましょう。この際サンゴの上をハイハイしないよう気をつけましょう。次に両足をゆっくりバタ足させてみましょう。ダイビング中は全ての動作をスローモーションのようにゆっくり行い、疲れないように泳ぐことがとても大切です。ジンベイザメやマンタのように水中世界を優雅にゆったりと泳ぐ自分を想像してみて下さいね。水中を自分で泳ぐときは耳抜きをこまめにやることも忘れないように心がけましょう。ダイビング中自分で進むことが難しい方や泳ぎが苦手な方には、インストラクターが体を支えて魚がいるところまで誘導できますのでご安心下さい。

水中カメラを楽しもう

せっかく宮古島のきれいな海でダイビングを楽しむなら、水中カメラで思い出のダイビングシーンを写真に残したいですよね。ニモや熱帯魚の写真、初ダイビングを楽しむ自分の写真、カップルご夫婦なら二人の水中記念写真などなど、きっと忘れられない素敵な思い出になるはずです!ここでは、初めてのダイビングで水中カメラを楽しむコツをお伝えします。まずは、水中である程度余裕が出来てから水中撮影を楽しみましょう。耳抜きと呼吸がスムーズにできるようになってからでも遅くはありません。タイミングを見てインストラクターがカメラを手渡してくえます。撮影するときは、ズーム機能は使わずに魚に近づいて撮影しましょう。ズーム機能を使うと液晶画面に魚を入れて撮影するのが難しくなってしまいます。インストラクターが魚の近くまで誘導できますので、自分で魚に近寄れない方でも魚の近くで水中カメラ撮影が楽しめます。ダイバーを撮る時は、被写体になるダイバーが息を吐いているときにシャッターを押してしまうと、口元から出てくる泡でダイバーの顔が隠れてしまします。できれば口元から泡が出ていないときを狙ってシャッターを押しましょう。たくさんの枚数を撮影することも重要です。当店では、本格的水中デジタルカメラのレンタルが無料でご利用頂けるキャンペーンを実施しておりますので、ぜひ水中写真を沢山撮ってダイビングの思い出を持ち帰ってくださいね。

サイトマップ
宮古島ダイビングは宮古島のダイビングショップ
GUIDE-YA-SAN(ガイド屋さん)にお任せ下さい。

Return Top