宮古島ダイビングショップGUIDE-YA-SAN

耳抜きのコツ

正しい耳抜き

耳抜きとは

高層ビルのエレベーターに乗ったときや、車で標高の高い峠を越えたとき、飛行機が上昇や下降した際に、耳がツーンとなったり、時には痛みを感じたりすることがありますよね。ダイビング中も水圧の関係で同じような現象が起こります。水面から徐々に潜っていくと、1メートル程度のごく浅い水深でも、耳が押されるような詰まったような違和感を感じます。この耳の違和感を取り除く方法を『耳抜き』といいます。ダイビング中、耳に違和感を感じた時に耳抜きをしないで放っておくと、耳の詰まったような違和感は徐々に強くなっていきます。そうならないようにするために、ダイビング中少しでも耳に違和感を感じたときは耳抜きをして耳の違和感を取り除いてあげましょう。ダイビングでは、必ず耳抜きをする必要があるので、耳抜きの基本的な方法とコツをお伝えします。正しい耳抜きの方法をマスターして、耳に負担をかけずにダイビングを楽しめる知識とスキルを身につけましょう。

耳抜きの方法

  1. 口から少し息を吸って吸った空気が口から漏れないように口を閉じる。
  2. 鼻からも空気が漏れないように鼻を指でつまむ。
  3. 目を閉じる
  4. つばを飲み込むorティッシュで鼻をかむように鼻に空気を送る
  5. 逃げ場を失った空気が耳の方へ流れるよう耳に意識を集中する

まずは、口から少しだけ空気を吸って、吸った空気が口から漏れないように口を閉じます。口から空気が漏れないようにするコツは、口の中で舌を上あごにつけて『ん』の発音をするようにしまよう。そうすると口から空気が漏れにくくできます。それでも口から食う機器が漏れてしまう方は、前歯で舌先を軽く噛んであげましょう。次に、マスクの上から鼻をつまみましょう。マスクの鼻を覆っている部分はシリコンでできているので、マスクの上から指で鼻をつまむことができます。鼻をつまむ際は、鼻から空気が漏れないようにしっかりつまむようにしましょう。これで、鼻と口両方から空気がもれないようにできましたね。あと1か所だけ空気が漏れる場所があります。それは目です!口と鼻と目は細い管で繋がっていますので、目から空気が漏れる場合があります。できれば耳抜きするときだけ目も閉じてあげましょう。口、鼻、目から空気が漏れないようにできたら、その状態のまま唾をゴクンと飲み込んでみましょう。唾を飲むだけで対処できてしまう方はつばを飲む方法で行って下さい。鼻に空気を送り込む方法は、口、鼻、目を閉じた状態で、ティッシュで鼻をかむ要領で鼻に息を送ってあげましょう。このとき、口、鼻、目から出て行けない逃げ場を失った空気が意味のほうへ流れ込むよう耳に意識を集中させましょう。耳がポコンといったり、スカッという感じがあればOKです。内耳や鼓膜を傷つける恐れがあるので、力いっぱい勢いよくやりすぎないないようにしましょう。

耳抜きのコツ

  1. 耳がツーンとしてくる前に、早め早めにやる
  2. こまめに頻繁に何度もやること
  3. 鼻と口から空気が漏れないように、しっかり鼻と口を閉じておく
  4. 首、肩の力を抜いてやる
  5. 頭が下の逆立ちの体勢にならないよう注意する
  6. ダイビング前日に睡眠を十分にとる

 

耳抜きについてのまとめ

耳抜きのコツは、ずばりタイミングです。いつ耳抜きをするか、そのタイミングが重要です。耳抜きは、耳がツーンとしてくる前に、違和感を感じたらなるべく早めに頻繁に行いましょう。まず水面で一回きちんと行い、頭が沈んだ時点でもう一回、水深1メートルでもう一回、というように耳がツーンとなる前に早め早めにこまめに耳抜きを行うことが何よりも大切です。口と鼻から空気が漏れてしまうと、耳抜きが難しくなりますので、口と鼻をしっかり閉じる事も耳抜きの大切なコツです。寝不足や風邪を引いていると耳抜きができずらくなるので、ダイビングの前日はお酒は控えめにして、十分な睡眠をとり休息しておくことも耳抜きをスムーズにする大切な要素です。ダイビングが初めての場合、水中で耳抜きをやっても、うまくできたかどうかがわかりずらい場合もあります。頭で考えすぎると混乱してしましますので、とにかくこまめに早めに耳抜きをやって耳が痛くなければ大丈夫だと思っておいて下さいね。

耳抜きができないときの対処法

耳抜きがうまくできなくても慌てないでくださいね。耳抜きができなかったときの対処法をお伝えします。耳抜きがうまくできず耳が痛くなった場合は、水中で大きく耳を指差すジェスチャーをして、インストラクターに耳が痛いことを伝えましょう。そしてそれ以上深いところへは行かず少しだけ浅いほうへ移動しましょう。少しだけ浅いほうへ移動すれば水圧が減るので耳の痛みはやわらいで違和感くらいにおさまります。痛みが違和感くらいにやわらいだら耳抜きをもう一度やってみましょう。水中で耳が痛くなる方は、耳抜きのタイミングが遅い、耳抜きの回数が足りないと思って下さい。もっと早めにこまめに耳抜きをするよう心がけましょう!

片方の耳だけ耳抜きができない場合

耳抜きができない方の耳が上になるように、頭を左右のどちらかに傾けてあげましょう。このとき耳抜きができないほうの首筋を伸ばしてあげましょう。そして耳抜きができたほうの耳を指で塞いで耳抜きをやってみましょう。それでも抜けないときは、水中で大きく耳を指差すジェスチャーをして、インストラクターに耳が痛いことを伝えましょう。

耳抜きトレーニング方

耳抜きが苦手な方に朗報です!耳抜きのトレーニングができる器具、耳抜き練習器オトベントなるものがあるんです!

もともとは、子供の滲出性中耳炎の治療のために用いられる自己耳管通気器具なのですが、オトベントによる耳管通気の基本原理が、ダイビングの耳抜きと同じであることにより、耳抜きが苦手なダイバーの耳抜きトレーニング器具として広く用いられるようになったのです。興味がある方は試してみて下さいね。

耳抜きの方法
マスクの上から鼻をつまみましょう。
ダイビングで鼻がうまくつまめないときの耳抜きのコツ
片手で鼻がつまみずらい方は両手の指でつまみましょう。
ダイビングで片方の耳が耳抜きできないときの対処法
片方の耳だけ耳抜きができないときは、できないほうの耳を上にあげて、できないほうの首筋を伸ばすイメージで、肩の力を抜き、できない方の耳に意識を集中して鼓膜を上に押し上げるつもりで優しく耳抜きをやってみましょう。
ダイビング中、耳抜きができず耳の違和感が強くなった時のハンドシグナル
ダイビング中、耳抜きをこまめにやっても耳の違和感が強く、耳に痛みを感じるときは、耳を指さしてインストラクターに耳が痛いことを伝えましょう。

サイトマップ
宮古島ダイビングは宮古島のダイビングショップ
GUIDE-YA-SAN(ガイド屋さん)にお任せ下さい。

Return Top